あなたの”働く”を応援する

株式会社エンパワー21

コーチング・キャリアカウンセリング・研修・講演

受付時間
平日9:00〜17:00
土曜・日曜・祝祭日は除く

お問い合わせメールは24時間受付

「よろしいでしょうか」の使い方

ある書店に図書カードを買いに行きました。

「図書カードありますか?」とたずねると「ございますが、現金のみのお取扱いになりますが、よろしいでしょうか」と返ってきました。

その店員さんからは「カードが使えなくて申し訳ない」という気持ちは全く伝わってきませんでした。

私の気持ちとしては「現金でしか買えないのであれば“よろしいでしょうか”と言われても仕方がない…現金でしか買えないんでしょ」という気持ちになりました。

ある企業でのクレーム応対のトレーニング時に「仕上がりは2日後になりますが、よろしいでしょうか」とスタッフ役がお客様役に言いました。

お客様役のスタッフは「さらに二日も待ちたくはないけど、しょうがないんでしょ!」とご立腹。火に油を注ぐ応対になってしまいました。

このように「よろしいでしょうか」は表面的にはお客様にお伺いをたてていますがややもすると自分たちの都合を押しつけた言い方になってしまっていることがあります。

しかし、こういう場合の使い方は問題はないと思います。

「お客様、喫煙席でしたらすぐにご用意できますが、喫煙席でもよろしいでしょうか」さらに言い方を変えると「お客様、喫煙席でしたらすぐにご用意できますが、いかがでしょうか」という言い方もすっきりとしています。

「よろしいでしょうか」は使い方を間違えるとクレーマーを刺激する言葉でもあると思います。

便利だからとか、良く耳にする言葉だからと言って安易に使わないように注意したい言葉の一つです。

info@empower21.com

お問い合わせフォーム

        メールによる受付は24時間承っております
        営業時間:平日9:00~17:00